ロゴマークに込めた想い

“笹”は酒、“一”は酒の日本一。

笹一の笹は酒を意味し、一は酒の日本一を目指すという思いを込めて命名されました。
大正8年(1919年)から現在まで、笹一酒造の顔として使われ続けているマークは、『八咫の鏡(三種の神器の一つ)』に縁取られた中央に筆太のヒゲ文字で笹一を表しています。

八咫の鏡 × 酒

古来より神聖なものとされている八咫の鏡と酒を掛け合わせ、そして 大正8年の縁起の良い末広がりの“八”に因み、八咫の鏡をモチーフとして使用しました。
それは、草創期における酒の日本一たる笹一のこころを、八咫を後世に伝えたいという願いでもあります。

笹一の酒造り

大量生産方式の設備を2013年酒造年度を最後に全廃し、麹作りと酒母工程を手作りに戻しました。
量産するための設備から高品質清酒を製造する設備へ転換するため、最新式の洗米機や乾燥蒸気を出せる吟醸甑、佐瀬式と永田式の2台の酒搾り機を導入し、酒質の大幅な改善を実現しました。

自家井戸から湧き出る御前水を仕込水として使用し、地元で契約栽培された山田錦や夢山水といった酒造好適米を贅沢に使用し、手作りで丁寧にお酒にしています。

「笹一」は、地元山梨県民の海への憧れからくる魚貝類を愛好する気質を踏まえ、程よい果実香とすっきりした後味の本格清酒に仕上げます。

社長挨拶

笹一酒造株式会社は山梨県の大月市に位置し、1661年寛文元年に花田屋として創業致しました。後に花田屋を継承し、初代蔵元となった天野久が、1919年に現在の笹一酒造と改名して統合した三百有余年の歴史を持つ会社です。


  • 弊社の所在地である笹子には我が国の象徴である霊峰富士を起点としている地下水が流れています。笹一の水はその昔、明治天皇が東京から京都にご行幸の際に携行するのに選ばれた水で「御前水」と呼ばれる由緒正しい水です。我々はその水で酒を仕込んでおります。

  • 我々は酒の造りに対し、真摯に向き合い最高の日本酒を作ることを目標としております。誰にでも出来る事を誰もが真似できない程に実行し、洗米や蒸米などの原料処理、麹作り、酒母作りの見直し等、酒造りの基本を徹底的に押さえ、最高の酒を醸すことが笹一酒造の使命です。

  • 我々は食との関係を何よりも重視し、個性を全面に出すのではなく、飲料としての日本酒を考えた上で味わいを決定しております。笹一酒造はこれからも先人から受け継がれた研ぎ澄まされた伝統や文化を継承し、風格のある王道としての日本酒を造り続けることに尽力致します。